「黒にんにく」に含まれる成分がビタミンEと結合して新しい成分に

「黒にんにく」を、みなさんは食べたことありますか。

「黒にんにく」というのは、みなさんもご存じのとおり、かなりの栄養価があるとして、有名なたべものですよね。

最近ではよくCMなどでも目にしたり耳にしたりするのではないでしょうか。

しかしみなさんは「黒にんにく」には実際にどう言った成分が、含まれているのかをご存知でしょうか。

ま日わたしたちが生きていく中で、新陳代謝を良くするために使われている成分があります。

その成分というのが「ビタミンE」だといわれています。

私たちが毎日健康に暮らしていくために多くの栄養素が必要とされていますが、その中でも「ビタミンE」はかなり必要な栄養素として有名です。

では「ビタミンE」をたくさん取ればいいのでしょうか。

実は違うのです。

この「ビタミンE」というビタミンはちょっと曲者なビタミンで、たくさん摂取したからといいというものではないのです。

というのも、「ビタミンE」というのは、体の中に常にとどまっていてくれる成分ではありません。

「ビタミンE」は摂取後に短時間で体から排出されてしまう成分の1つなのです。

そんなときに登場して活躍してくれるのが「黒にんにく」なのです。

「黒にんにく」を食べることによって、「黒にんにく」に含まれる成分がビタミンEと結合して新しい成分になります。

その時に、いつもは体の中から抜け出してしまう「ビタミンE」が、抜けにくい成分に変化してくれるのです。

世界のVIP御用達のにんにくや岡崎商店で、新鮮な黒にんにくを!